ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

 
令和元年5月1日

 
  濵走弘之の 「はまのつぶやき」
理事長に就任してから1ヵ月が経過しました。
平成9年1月に退職してから、22年ぶりに帰ってきました。恵和で育てられましたので、感慨深いものがあります。
建物も古い建物からピカピカの新築建物に変更(日本知的障害者福祉協会の機関紙「さぽーと」の平成29年5月号の訪問記で紹介)
法人名も「恵和学園」だったが、平成16年に社会福祉法人「恵和」に変更、職員の顔触れはほぼ入れ替わりましたが、利用者の皆さんの半分くらいは見知った人たちで覚えていてくださいました。
特にグループホームのめぐみの皆さんには、「浜ちゃん」と声をかけられ20数年前にタイムスリップしたような感じでした。
青年寮の皆さんも年齢を重ねられ、重度高齢化の真っ只中にあり多くの支援が必要になっています。
今度は違った意味でこの人たちの生活を守っていかなければならないと決意を新たにしました。がんばろう。
 
 
 





BACK |
 
                   
フッターイメージ